The Feast of the Baptism of Our Lord

12
31294

“Christ is bathed in light; let us also be bathed in light. Christ is baptized; let us also go down with him, and rise with him.

John is baptizing when Jesus draws near. Perhaps he comes to sanctify his baptiser; certainly he comes to bury sinful humanity in the waters. He comes to sanctify the Jordan for our sake and in readiness for us; he who is spirit and flesh comes to begin a new creation through the Spirit and water.

The Baptist protests; Jesus insists. Then John says: I ought to be baptised by you. He is the lamp in the presence of the sun, the voice in the presence of the Word, the friend in the presence of the Bridegroom, the greatest of all born of woman in the presence of the firstborn of all creation, the one who leapt in his mother’s womb in the presence of him who was adored in the womb, the forerunner and future forerunner in the presence of him who has already come and is to come again. I ought to be baptized by you: we should also add, “and for you”, for John is to be baptized in blood, washed clean like Peter, not only by the washing of his feet.

Jesus rises from the waters; the world rises with him. The heavens like Paradise with its flaming sword, closed by Adam for himself and his descendants, are rent open. The Spirit comes to him as to an equal, bearing witness to his Godhead. A voice bears witness to him from heaven, his place of origin. The Spirit descends in bodily form like the dove that so long ago announced the ending of the flood and so gives honor to the body that is one with God.

Today let us do honor to Christ’s baptism and celebrate this feast in holiness. Be cleansed entirely and continue to be cleansed. Nothing gives such pleasure to God as the conversion and salvation of men, for whom his every word and every revelation exist. He wants you to become a living force for all mankind, lights shining in the world. You are to be radiant lights as you stand beside Christ, the great light, bathed in the glory of him who is the light of heaven. You are to enjoy more and more the pure and dazzling light of the Trinity, as now you have received – though not in its fullness – a ray of its splendor, proceeding from the one God, in Christ Jesus our Lord, to whom be glory and power for ever and ever.

Amen.”

-from a sermon by Saint Gregory of Nazianzus
(Oratio 39 in Sancta Lumina, 14-16, 20: PG 36, 350-351, 354, 358-359)

Comments

12 COMMENTS

  1. ティソは、スイスのイータunitas 6497手動巻き機械的運動として始まった。この運動は、しばしば選ばれるとき、白骨化はそれがすべてどのように働くのを見る多くのその内臓を掻き出すように本当にできました。それさえ巧みに白骨化したと刻まれたときは非常に美しく見えます基本的な運動を助けます。どんなティソここでしました。完全に白骨化した腕時計を提供します、しかし、1つのことをまだ読みやすいです。部分のダイヤルの詳細は以下の機転で時間と分の指標の全てを持つことになる。ロレックス スーパーコピー ブラックまたはシルバーダイヤルと来て、ティソのスポーティ・ローマ数字としては、24時間の時間分のフルスケールを使用しています。ダイヤルに切って、さかさまのキノコに似ている。この窓は時間に干渉しない、そして、あなたは右に移動します。 http://www.fujisanbrand.com/pack/buygo/index_6.html

  2. スイス昨年各種経済指標が比較的に理想的で、全国的には喜んで?。しかし、スイス連邦政府の経済最近事務秘書署は、スイス経済最近に遭遇した30年以来の珍しい困難を予測し、国民経済は今年、縮んで2 . 2%、2010年に失業率が5%の上昇があり。 http://www.okakaku.com/brand-1-copy-5-cheap-0-max0-attr0.html

  3. 展示ホール内を泳いで一時間後も、そもそもブランドを知らない人も知って:この百年の号は持つ遠見卓識知者ハンス・ヴェルス多夫(ハンス!Wilsdorf)に創立され、彼は真っ先に予見懐中時計を名目に歴史舞台、腕時計は取って代わってRolex(ロレックス);二十世紀発売多くの重要な技術革新(例えば密封性、自動的に最適化メカニズムなど)を持って完備、精良な生産ツールとして、その製品の信頼性抜群抜群;ブランドが巨大な規模のアフターサービスネットワーク、全体のタブ業し、それが長いと多くのスポーツ界や文化界のセレブに協力ロレックス終始独立運営、この点とみなされてその特色。 http://www.gginza.com/%E6%99%82%E8%A8%88/%E3%83%AD%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9/day-date/a9b8bccb28acb108.html

  4. Rolex(ロレックス)中国の歴史は実際にはすでに百年を超えるが、一番印象的なのは1967年から、隷属ハンス・ヴェルス多夫基金(fondationハンス!Wilsdorf)のRolex(ロレックス)会社は香港で支社を設立して。その後、それは2002年に承認され、中国で作成された家はその完全ホールディングスの支社は他の中国と同行協力)となり、実現の時計ブランド初の試み。チュードル時計コピーRolex(ロレックス)に入るたびにひとつの市場には、アフターサービスシステムを構築する。中国でも例外ではない。今、北京、上海、広州の合計の3つのアフターサービスセンターを設立しました。加えて260以上の販売時(を含む十数軒の専売店)、Rolex(ロレックス)中国の従業員の数は300人を超え。 http://www.okakaku.com/brand-1-copy-6-cheap-0-max0-attr0.html

  5. はHamiltonとリーヴァをコラボした「リーヴァtimed by Hamilton」の新シリーズ表項、双方の密接な協力と厳しく要求で、ついには2007年後半に登場。「リーヴァtimed by Hamilton」が最初からのスケッチデザイン1本の表の完成を作って、全行程表にスイス専門技術を懐かしい雰囲気と現代モード感を完璧に解け合って、アイデアの元素を最大限に発揮し。「リーヴァtimed by Hamilton」がそれぞれ出し男ものの時計とパンパン項、一項ごとに表使うのはトップと豪勢な材質をHamilton契合リーヴァや製品の品質に完璧を求めて。スーパーコピー時計同じように無数の嵐を経験して試練のリーヴァヨット世界チャンピオンとしていつも伴っ素手で潜水Pierre Frolla深く潜行のHamilton腕時計、「リーヴァtimed by Hamilton」はリーヴァとHamilton不敵厳しい環境の極緻の傑作。 http://www.bagkakaku.com/vuitton_bag/2/N41541.html

  6. グッチ スーパーコピー非常に優美かつ独特で、ずっと優雅な姿で潮流の最高峰に立って、流行に引率して 豪華スーパーコピーブランドお楽しみください!弊社は個性あふれるブランドコピー、すばらしい デザインと高品質を兼ね備えるスーパーコピーバッグ、優雅の魅力があるのスーパーコピー財布など人気商品が続々入荷! http://www.gowatchs.com/brand-202.html

  7. グロリア-イップからあちこち遊歴好きで、働く関係のため、積み重ねました多くの旅行経験があり、もっと特別好きのひとり旅。「完全に慣れない環境を持って、私の考えと刺激源源が絶えない。一回出発前の資料収集、しばしばを旅にヒントを得提供良い基礎。」この道理も同様に適用するアートとデザインの創作。グロリア-イップ注意して参加スイスティソ「160年环宇漫遊切手」設計コンクールの参加者から資料収集して、きっと半分の労力で倍の成果。ロレックス-スーパーコピー「今度の試合はスイスティソが主催し、「旅」をテーマに;それでは〓、何の元素を代表ティソ?何か元素が代表「旅行者精神”ですか?どのようにそれらを結びつけ?参加者はまず知っているのは彼らの目標は何を準備してこの目標を足を知ると、テーマを発揮し、創意に加え、抜群の技巧を演じ、優れた作品を作り。」まとめ:「設計や旅行のように、まずは目的地を知っていて、またどのように歩いて、才能は一歩一歩実現計画、業績は完璧の旅。」 http://www.brandiwc.com/brand-super-11-copy-0.html

LEAVE A REPLY